どんな時も!

お問い合わせはこちら

どんな時も!

どんな時も!

2021/06/05

安全のために

おはようございます。

皆様、どのようにお過ごしでしょうか。

昨日の雨から今日は落ち着いた天気ですね。

緊急事態宣言ではありますが、体がなまらない様にしたいところです。

今日も、オルディスは一生懸命、安全安心な警備・交通誘導をしております。

人と人は・・・・

あなたを悩ましたり、悪口をいう人にも、平静な心で注意を向けなさい。きっとあなたにとって得るところがあるはずです。良薬が口に苦いように、あなたに偉大なる存在が苦言を呈しているかもしれないからです。

ジョセフ・マーフィー(アイルランド出身の宗教者、著述家 / 1898~1981)

 

今日はこんな日・環境について考えてみましょう。

世界環境デー・環境の日

1972年(昭和47年)12月15日、日本とセネガルの共同提案により国連総会で「世界環境デー」が制定された。国際デーの一つ。英語表記は「World Environment Day」。

World Environment Day

1972年(昭和47年)のこの日、スウェーデンのストックホルムで開催された「国連人間環境会議」で人類のための「人間環境宣言」が採択され、環境問題に関する専門機関である「国連環境計画」(United Nations Environment Programme:UNEP)が創設された。

「世界環境デー」は、これを記念したものであり、毎年、環境問題に関連したテーマを掲げ、世界中の国や地域の環境問題に対する政策を促進する日となっている。

環境の日

日本では、1993年(平成5年)に「環境基本法」でこの日を「環境の日」と定めた。事業者、国民の間に広く環境の保全についての関心と理解を深めるとともに、積極的に環境の保全に関する活動を行う意欲を高めることを目的としている。

 

落語の日

「落語の日」は「らく(ろく=6)ご(5)」(落語)と読む語呂合わせで、落語家の春風亭正朝(しゅんぷうてい しょうちょう)が制定したとされる。

東京都新宿の紀伊国屋ホールで「落語の日」制定イベントも行われたが、この企画は周囲の反対もあり、なくなった。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。